天使
朝、散歩に行き戻ってきたら、お隣さんがたき火をしていて白い煙がもくもくなので、慌てて窓を締めに行こうとした途中、また10㎝ぐらいの白っぽい透明な存在が現れた。肉眼で見ると透明で羽が羽ばたいているかのようなんだけど…。
ゆっくり見たかったけれど、窓から煙が入るとまずいと移動したら、出かけていた猫が5匹位帰ってきて、大喜びでついてきた。
階段を登っても、ベランダに出て猫と話しても、屋根に登って戻らないミミちゃんと押し問答しても、まだ透明な存在はいたので、目を閉じてみた。
白いモクモクした存在が、子供に食らいつこうとする人食いを退治していた…この白いモクモクした存在は、ずいぶん前から瞑想中によく見かけていて、わたしが困って「コマンド12 21呼ぼうかな?」と思っていると、いつの間にか現れて人食いを退治してくれていた。白いモクモクが首に巻き付くと、人食いはあっという間に果てる。
一時いなくなった人食いがまた現れているのだ。
これはいなくなったわけではなく、この天使達が人食いを撃退し続けてくれていることや、女神や天使、プレアディスを年がら年中呼び出しているせいで闇が悶え苦しみ、わたしの前で食べる暇が無かっただけかもしれない。
油断すると、またすぐ現れる。
昨日寝ている間、「子供を助けて」とわたしが言い続けたから、天使はずっと掃除してくれていたのかもしれない。
これまでもずっと、そして昨日も、わたしが無事に熟睡出来たのは、全て、こうした天使と神、プレアディスや銀河連合のサポートのお陰だったのだと、改めて感謝した。
陰惨な光景や殺戮を日々目撃するのは、闇の意図なのかわたしの役目なのかは謎だけれど、あまりに酷い状況では白いモクモクな存在があまり見えないようにしてくれていた。いつも守ってくれる存在だから、やっぱりわたしの天使なのかな?
Aは中毒症状が酷く、地下はあまりに深いから、なかなかこの問題に終わりが来ない。
だからアライアンスは来年の3月がどうのといっているのだろう。
いったい、どれだけの人間がAをやったのか?と思うと気が遠くなる。
とはいえ、5D光の中を生き抜くことは出来ないから、光が強くなればいづれは死に絶えるのだろうし、あまりに時間が掛かりすぎたから、神も銀河連合も今すぐ介入するといっていうるのだろう。
ただ、そのときは、子供達も生まれ直すしか無いかもしれない…拉致された子供達はみなAを飲まされているから…。
バイオレットフレームやフラワーオブライフの光で闇が倒れると、口から目から殺された魂が出てくる。
出てきた魂も光で浄化され、食べた魂を吐き出す…狂った犬がたくさんいるのはどうしたことかと思ったけれど、光に浄化された子供の口から、犬の魂が出てくる。
子供に与えられるAは犬から抽出するのか?
あるいは、深い地下では犬は食用なのか?
両方?
そしてまた、犬も浄化され人間を吐き出す。
…深い闇とはどんな世界なんだ?
わたしはプロテクションのため年がら年中バイオレットフレームを使うし、子供の頭に食らいつく狂人には片っ端からバイオレットフレームを浴びせていたが、そうすると子供達もそれで倒れるので、躊躇したり、コマンドを呼ぶこともあった。
しかし、わたしの瞑想や夢に出てくる時点で、彼らが生きているか死んでいるか…確かに目の前で死ぬんだが、死んだ魂たちも同じように動くので、何がなんだかよくわからなくなってくるし、もういろんな事が混乱してきて変な感じだ。
なぜなら、もともと人は死なないのだから…。
劇的にスリリングな現実世界をライトワーカーとして我慢強く温和に過ごしてきたが、寝ている間は気がつくと闘っている。
「相手にするな」とハイヤーセルフにいわれたのに、闇の司祭をバイオレットフレームで追い回したりしてしまった。
なかなかいいつけを守れないでいる。

闇に興味はないが、自分が迷い込んだ世界がどこなのかがいつも気になる。
気になって動き回るというか、吸い込まれる。
そういえば、最近はよく夢の中でシップに乗る…なのにその後の記憶がない。
とても残念だ。

マリリン 満月ライター

投稿者プロフィール

22歳からライターとなり、編集プロダクションやイベント会社を転々とした後、映画会社のプロモーターとなる。結婚退職後にフリーランスとして、様々な女性誌の創刊・執筆、書籍、PR誌の企画・制作・執筆に携わる。29歳で離婚を経験し『恋愛と生き方』について考えるようになったことと、女性のためのアダルト雑誌の創刊に携わったことをきっかけに、「愛と性、女性の生き方」をテーマとした仕事をするようになる。

2003年、女性の側から見た愛と性を指南する、「フラワー」、「エクスタシー」を上梓。女性のための愛と性のサイト満月(http://mangetu.jp)を主宰。
「フラワー」が楽天ブックス2003年年間ベストセラーNO1となる。以降、老若男女を問わず、恋愛と性のお悩み相談が寄せられる。
恋愛・セックスのコメンテーターとして、an・an、シュシュ、フラウ、attiva、週刊女性、女性セブン、ニフティほか、様々な媒体で活躍。

「フラワー」発売後の疑問と女性たちの悩みへの答えを自然の中に見いだし、道教や古代を学び、宇宙に目覚める。
2015年3月「TAOが開くSEXの扉」(講談社刊)を上梓。この頃、宇宙人と自分の関わりに気づく。

2015年5月、両親の希望により介護のため中目黒にカラオケ&多目的イベントスペースStudioMOONをオープン。様々な分野のアーチストとコラボしつつ、両親の介護に奔走していたが、両親が施設へ入居したことをきっかけに、薬膳料理店へと転換。
毎週月曜日には氣功教室、時折、タオのレクチャー&ワークショップなどを開催。
中高年独身サークル「結」を結成、より自然で豊かな生き方を仲間と共に模索。
2017年6月「TAOが開くSEXの扉」の中国語繁体字版を台湾にて発売。
2018年5月農村地域に転居、自然の中、家庭菜園を楽しみつつ、タオの体現と5次元生活を模索している。
コロナを機にアセンションへのトライとボランティア中心の生活に。
mail:mangetu@mangetu.jp

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020/9/29

    父逝く…
    インターネットにいろいろ問題があり、更新できなかったものを今更ながら追加していこうと思います。 2…
  2. 2020/9/30

    彼岸…。
    お彼岸なので、お団子を作った。 今日は野菜の旨煮、ウドとコンニャクの酢味噌和え…
  3. 2020/9/30

    父の写真
    怠惰な性格ゆえ父の死に目に会えず、棺に入った父に対面しても、泣いた妹に貰い泣きし…
  4. 2020/9/30

    不意義な夕日
    沈む夕陽…夕陽を見ると、女性は幸せになれるという。 西はご先祖様がいるところだ…
  5. 宇宙には光と闇の戦争があり、それは本当にSF映画のようです。 その光と闇の戦争の最終決戦地が地球で…

マリリン満月の本

  1. 陰陽和合の性愛術 タオが開くSEXの扉

  2. フラワー (宝島社文庫)

  3. セックスってなあに?2

  4. セックスってなあに?1

  5. いい年して処女なの隠して生活してます。

ページ上部へ戻る