ここは何処? わたしは誰?

1年ぶり位の更新になってしまいました。
わたしの人生は変化に富んでおり、それを人は波乱に満ちているというんだけれど、なにやら忙しい月日でした。
人生の不思議により、今は美しい農村地域に住んでいます。
秘境で暮らして仙人の修行をしたいという憧れがあるんだけれど、そこまでは行けず、案外普通の町です。

IMG_20180815_170403_131
大好きな雄川の亭、ここまでチャリンコで10分くらいかな…。
空気がきれいで水が美味しく、ここで瞑想すると嵌まります。瞑想しなくても瞑想しているような状態になる…川の力はとても強いですね。
知っている人が一人も居ないところに引っ越して来てしまったので、自分が誰かわからない…というよりわかる必要も無くなり、素のまま過ごせている気がします。
IMG_20181021_161441_496

歴史のある土地で、家の前の中学校跡地では今も発掘調査をしています。弥生時代のものらしい。
どこを見ても山が連なり、窓から見える景色や歩く道のりの全てが美しいので、何がなくとも日々は楽しい。

IMG_20180812_141308_526

1536905151924
庭の家庭菜園でとれたものち。ブルーベリーは植えてないのに生えてきた。
来年は畑を借りたいんだけれど…?

IMG_20181019_185508_906
今年3月に仕込んだ味噌、まだ若い感じでしたが、味噌汁にしたら美味しかった。
発酵物は前から気に入っていましたが、こちらに来てシックハウス対策と家庭菜園のためEM菌を使うようになりました。
いよいよ微生物への関心が高まっています。
微生物と宇宙は、わたしにとってとても身近で重要なテーマです。
これは後日、詳しく報告しますね。
世の中の転換の時、大自然を感じながら過ごせていることがとても嬉しいと思うこの頃です。

こちらでも素朴な薬膳のお店をやる予定で、ただ今工事中です。
お店の名前は「満月庵」です。

マリリン 満月ライター

投稿者プロフィール

22歳からライターとなり、編集プロダクションやイベント会社を転々とした後、映画会社のプロモーターとなる。結婚退職後にフリーランスとして、様々な女性誌の創刊・執筆、書籍、PR誌の企画・制作・執筆に携わる。29歳で離婚を経験し『恋愛と生き方』について考えるようになったことと、女性のためのアダルト雑誌の創刊に携わったことをきっかけに、「愛と性、女性の生き方」をテーマとした仕事をするようになる。

2003年、女性の側から見た愛と性を指南する、「フラワー」、「エクスタシー」を上梓。女性のための愛と性のサイト満月(http://mangetu.jp)を主宰。
「フラワー」が楽天ブックス2003年年間ベストセラーNO1となる。以降、老若男女を問わず、恋愛と性のお悩み相談が寄せられる。
恋愛・セックスのコメンテーターとして、an・an、シュシュ、フラウ、attiva、週刊女性、女性セブン、ニフティほか、様々な媒体で活躍。

「フラワー」発売後の疑問と女性たちの悩みへの答えを自然の中に見いだし、道教や古代を学び、宇宙に目覚める。
2015年3月「TAOが開くSEXの扉」(講談社刊)を上梓。この頃、宇宙人と自分の関わりに気づく。

2015年5月、両親の希望により介護のため中目黒にカラオケ&多目的イベントスペースStudioMOONをオープン。様々な分野のアーチストとコラボしつつ、両親の介護に奔走していたが、両親が施設へ入居したことをきっかけに、薬膳料理店へと転換。
毎週月曜日には氣功教室、時折、タオのレクチャー&ワークショップなどを開催。
中高年独身サークル「結」を結成、より自然で豊かな生き方を仲間と共に模索。
2017年6月「TAOが開くSEXの扉」の中国語繁体字版を台湾にて発売。
2018年5月農村地域に転居、自然の中、家庭菜園を楽しみつつ、タオの体現と5次元生活を模索している。
コロナを機にアセンションへのトライとボランティア中心の生活に。
mail:mangetu@mangetu.jp

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • 植松真理
    • 2020年 7月 04日

    まりりんちゃん♪
    覚えてますか?昔、パソコン通信のレディスフォーラムで
    知り合った植松真理です。横須賀のライブもご一緒しました。

    引越し中に『フラワー』が出て来て…懐かしく検索してみたら
    こちらに行き着きました‼︎

    もう孫もいるババアになりましたが、太鼓や笛は続けてて
    今、てるチーム名は『パフォーマンス楽団〝結〟』❣️
    (検索すると派手なオバちゃん達が出てきます‼︎)
    マリリンも結と言うチームやってるみたいで、親近感を勝手に
    覚えました〜❣️元気そうで良かった‼︎

    私は4人の親を天に送り、、65歳と言う年齢を含め楽しんでます。

    こんなご時世ですが、どこかで会えたら良いね❣️

      • マリリン 満月
      • 2020年 8月 24日

      こんばんは植松さん、メッセージ気がつかなくてすみません。
      ずいぶん久しぶりですが、更新しようと思ったら、やっとこのメッセージを見つけました。
      もちろん、覚えています。
      わたしももうすぐ還暦になります。
      わたしも介護をしていましたが、今年は父を送りました。
      そう、へんなご時世ですから、勝手な事を楽しむのが勝ちだと思います。
      まだ太鼓続いているんですね、素晴らしい!
      そして「結」に親近感を感じていただいて、本当に嬉しく思います。
      いつかまた、お会いできるでしょう。
      それまで、自分軸でしっかり頑張りましょう〜♥
      今後も心や体を喜ばせながら、

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020/9/29

    父逝く…
    インターネットにいろいろ問題があり、更新できなかったものを今更ながら追加していこうと思います。 2…
  2. 2020/9/30

    彼岸…。
    お彼岸なので、お団子を作った。 今日は野菜の旨煮、ウドとコンニャクの酢味噌和え…
  3. 2020/9/30

    父の写真
    怠惰な性格ゆえ父の死に目に会えず、棺に入った父に対面しても、泣いた妹に貰い泣きし…
  4. 2020/9/30

    不意義な夕日
    沈む夕陽…夕陽を見ると、女性は幸せになれるという。 西はご先祖様がいるところだ…
  5. 宇宙には光と闇の戦争があり、それは本当にSF映画のようです。 その光と闇の戦争の最終決戦地が地球で…

マリリン満月の本

  1. 陰陽和合の性愛術 タオが開くSEXの扉

  2. フラワー (宝島社文庫)

  3. セックスってなあに?2

  4. セックスってなあに?1

  5. いい年して処女なの隠して生活してます。

ページ上部へ戻る